クレイアートは普通の粘土とはちょっと違った感じ

クレイアートは粘土を利用して作品を作る方法です。
粘土と言っても普通のものとはちょっと(^_^;)異なっており、クレイアート用に利用するタイプが殆どです。
普通のものは粘り気が強くて加工が(>_<)難しいとされていますが、専用の粘土を採用するために加工はかなり楽になります。
様々な色を利用してアートのように書くこうしていくことが最大の目的となり、これによって今までにない立体的な作品を作ることができます。

普通の粘土というのは色も付いていませんし、とにかくへらなどで加工しづらいという問題があります。
これではクレイアートを完成させるまでに大きな時間がかかってしまいますが、樹脂を混ぜているような粘土を採用することで容易に作品を作ることができます。
そして粘土を利用することのメリットとして、手や部屋を汚さないということが挙げられます。
新聞紙を下に敷いておけば特に苦労することはありませんし、作品が完成した後も乾かすことが容易にできます。

普通は小さなものを作って飾るということが狙いですが、最近では(*^_^*)ウェディングなどに採用されるケースも増えています。
それっぽく花を作ることが可能ですし、結婚式に合うような加工をして提供するということもあります。
様々な方向で利用出来るというメリットを持っているため、クレイアートは多くの方に注目を集めている方法であることは間違いありません。
最近では教室も多く開かれており、多くの人が利用しています。

現代の中でも手を汚さずにしっかりした作品を作ることが出来る方法です。
立体感のある作品は生きているかのような作品を作ることが出来て、完成した時は立派なものが出来上がります。
色々な物を使って加工するために普通のアートとはまた違った作り方をするのですが、絵が下手な方でも結構簡単に作ることが出来るので楽な方法と言えます。
ここ最近は様々な方向で利用されており、クレイアートというものがどんどん進化していることを証明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク