大阪に引越すと違った日常が待っている

引越しは人生でなんどか経験するという人の方が、多いのではないかと思います。引越しは不安なことですが、関東から大阪に引越しすることでも、特有の不安はつきものでしょう。

大阪は関東と違った風習や言葉遣いであることは知られていますが、とくに言葉の面では違和感を感じることがありそうなのです。
関東では駐車場と言うのですが、大阪ではモータープールと言うのです。これは全世界でもアメリカの軍事施設か大阪でしか通じないと言って過言ではないということなので、覚えておいたほうがいいでしょう。

そして関東では親しい人のことをバカと言ってからかうのは普通ですが、大阪人はバカというと何故か怒ります。お前はアホかと言うと喜んでいるようなので、バカではなくてアホと言ってあげましょう。

大阪に行くとキタに行くかミナミに行くかという話になるのですが、関東人は北か南の方角に行くのかと思ってしまいます。キタは梅田駅の付近のことで、ミナミは難波駅のあたりのことなので、覚えておいたほうが良いですよ。

それから関東ではエスカレーターは左側に立つのが普通ですが、大阪だと右側に立つのが一般的らしいです。エスカレーターで右側に立つのは、全国でも大阪だけなのだそうです。これは大阪人が万博のときに勘違いし始めたのが始まりだそうですが、今でも大阪人は、エスカレーターは右側でゴリ押しています。大阪に引越したら、エスカレーターの立ち位置は間違えないでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。