熱中症対策で<テレビ視聴をきっかけに>

ただ今もどってきました~!!

今朝は、お日さまの射し込みが朝の段階でビシッ!!

としていたので暑いと思います。

田んぼの見まわりの帰り道で「おはようございます。」

のご挨拶の代わりに「今日は、暑そうですね~。」

を数回繰り返しました。

ところで、毎朝視聴している番組で“熱中症対策”

ついてのニュースが流れていました。

「やっぱりテレビってすごいよね~!!

いいタイミングできちんと

流れるんですね~。」と感心しました。

え?もう少し詳しく聞きたい??ありがとうごうございます。

それでは、もう少しブログでお話したいと思います。

気温が27℃以上になると、子どもの水筒のお茶の量を

半分から8分目にあげます。

この半分というのは、徒歩で小さな子が歩くためにはなるべく

重たくないように、また、飲み残しを防ぎ無駄を

省く精神も含んでいます。朝のニュースを見聞きしながら、

その日の衣類や着替えの増減をするんですが、

熱中症対策について興味をもって見聞きできました。

実は、去年の夏のことなんですが、

主人にこう伝えたんです。

「机の上やロッカー、車のボックスに塩飴や

グミを置いてるほうがいいんじゃない?」って

聞いたんです。何かの作業をする時に、

必ず窓を開けて喚起できる状態なら

安心なんですがそうでもない場合があります。

(特に、若い人と一緒に仕事をする場合、

どうしても相手が気分が悪くなっても

言い出しにくいかもしれないので)そんな時に、

アミノ酸と塩(塩分?)がプラスされたような飴や

気温上昇による発汗をすばやく噛み砕いて

電解質フォローするタブレット…

どれを買っておく?と話したことを思い出しました。

ちょっとした時間(朝の朝食タイム)のテレビ前を

きっかけに、『キャンディかソフトキャンディか

グミかタブレットってどれが効果が早いんですか~!!!』

って思い出したんです。

おそらく、答えは「お好きなように。

お召し上がりください(笑)」

というところで落ち着くと思います。

今日のブログは、「今年の夏は、

どんなのがでますか?!」なブログでした。

それでは~。

ondanka_earth

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク