ユーザー視点に立ったホームページ作成

ビジネス、プライベート、そのどちらにも当てはまることですが、ホームページ作成をするならばできるだけ細かい部分まで気を配ったほうが良いです。
なぜなら、そのほうがホームページへアクセスした人の理解を得られやすいからです。

何もホームページだけに限ったわけではありませんが、そうした第三者向けに何かを作成するときは、どうしても自分の視点だけでとらえてしまいがちです。

頭の中に「自分だったらどうするのか?」ということばかりが思い浮かんでしまい、いつの間にか「他人がどう感じるのか?」ということを考えなくなってしまいます。

そうすると、自分では完璧だと思って作成したものでも、それが第三者に受け入れられないということも多々あります。

ホームページというのはネット上の不特定多数の人がアクセスするわけですから、それらの人すべての要望に応えられるわけでは残念ながらありません。

しかし、そうでなくても大多数の人の要望を応えることができたら、それは良質なホームページとして評価されること間違いなしです。

そのためには、細かい部分にまでいかに気を配れるかが重要になってきます。
現代人は便利さに慣れてしまっているので、裏を返せば不便さに対して強いストレスを感じる傾向にあります。

ですから、不便さをなるべく感じさせないようなホームページ作成をしていくことが、作成者には求められているのです。

現実的にはそこまで完成度の高いホームページ作成を成し遂げることは、ちょっと難しいのかもしれません。

そのためには専門的な知識が必要となってくるでしょうし、センスやデザインについても問われます。

ただ、どうせ作成するならばクオリティーの高いものを作成したいですし、そうでなければいけないと思います。

そのためには、ユーザー視点に立って作成をすることが何よりも大切なことで、それができさえすればかなりのハイクオリティーになることが期待できるのではないでしょうか?

知り合いの奈良でホームページ作成をフリーランスでやっている人もこのあたりを重要視していると言ってました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク