ひかり電話のメリットデメリット

NTTのフレッツ光やドコモ光といった光高速回線を使ったインターネットサービスが今や主流となっています、その他のADSLなどの回線もありますが光回線とさほど料金に差がないため光回線の導入はどんどん増えています。

そんな光回線の導入と同時に契約するのがひかり電話サービスです、ひかり電話とはこれまでのアナログ回線での電話ではなく光回線を使って通話も行うというサービスで通話料金や基本料金も安いため通信費の節約になるお得な電話サービスです、ひかり電話にしたからといって電話番号が変わるわけではありませんので番号を気にする必用もなく簡単に切り替えできるのも魅力になっています。

光回線のメリットはやはり価格が安いことです、通常のアナログ回線の基本料と比較して約3分の1以下の基本料金で済みます、もちろん通話料事態もお得です、距離によって変わる料金形態と違ってひかり電話なら全国どこにかけても一律になっているためお安く遠距離の人とも通話可能になっています。

さらにひかり電話は料金が安いだけでなく通話品質も良いため音質がクリアでノイズがないため優秀と言えます。
ひかり電話にもデメリットはあります、それはまず使えない特殊な番号が1部あることともう一つは停電時に使えないという点です、使えない電話番号といっても天気予報サービスや時報のような特殊なサービスですから特に気にしないという人が多いようです、重要な110番や119番などは当然使えますので安心です。
denwa_kotei_woman

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。