東京のフラワースクールでの話

お花の教室を始めてちょうど1年が経ちました。

結婚前に花屋さんに5年勤めていて、25の時に結婚退職。子供が小学生になったのを機に自宅でお花の教室を始めたんです。

教室を開くまでには花屋の先輩にいろいろお世話になりました。
お花の仕入れ業者を紹介してもらったり、HPを作成してもらったり・・。
私1人ではここまで来るのは到底無理だったと思います。
子育てからの花屋さんへの復帰は難しいかなと思い、教室のことを先輩に相談していたんです。
先輩は自分のお店を開業して、子供を育てながらお花屋さんをずっと続けているすごい人です。

そんなすごい先輩のおかげで、ようやくお花の教室を始めることが出来ました。
この前、いつも教室に来ている大学生の生徒さんに「お花屋さんに勤めたい」と相談して来た子がいました。
その子は花屋さんに勤めながら資格を取って将来はフラワーデザイナーになりたいそうです。
私は花屋さんに勤めていた時も資格は持っていませんでした。
でも教室を開くコースがあったので東京のフラワースクールに通いました。

その学校ではいろんな人がいて、そのコースにはデザイナーの資格を持っている人も沢山通っていました。

そういう人といろんな話をすることも含めて、学校はとても良い経験になっていたんです。

その子にはその東京のフラワースクールでの話をしてあげました
フラワーデザイナーは必ずしも資格は必要ないけれど、その学校に通っている人たちと交流することの方が資格よりもずっと経験になるし、それで最終的に資格が取れればいいねって。

その子も「学校楽しみたいです」って嬉しそうでした。
大学生としてはあと1年あるそうですけど、もう花屋さんに就職することは決まっているそうです。
就職を決めることよりもご両親への説得が一番大変だったそうですけど・・笑。
お花屋さんに勤めながら、夜にフラワースクールに通うことは正直大変だと思います。
でも私の教室でその子が少しでもお花の楽しさを伝えられるお花屋さんになってほしいなと思っています。

ikebana_woman

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク